スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎出産話 その後

分娩室で休んでる間、
異様に腰(尾てい骨あたり)がいたくって、
な~んかおかしいなとは思っていたんだけど、
これが後産か?位でいた。

産後一時間後に助産師Sさんが経過のチェックに来て
カーテンの後ろに追いやられるラッコ。
そして、Sさんが子宮の戻りを見ようとして
「・・・トイレ我慢してる?」
「・・・いいえ、産む前に行きましたし」
「なんか子宮の戻りが悪い見たいねぇ?」

と言いつつ、確かめようと沙月のお腹を押した途端
何かがぶるんぶるんと出た・・・
沙月としては、なんかゼリーみたいな物が大量に出た感じで、
てっきり胎盤でも残ってたのか~?位の呑気な気持ちでいたら
Sさんが
「Oさん!先生呼んで来てっ!」
「え?」
「子宮が戻ってなくて出血止まってないみたい!」


Σ(=∇=ノノヒィッッー!!
その後も場所を変えてお腹を4.5回押され、その度に
何かが大量に・・・これって血なの!?
沙月には見えないけど、凄い事になっていたと思われる。
(その後計ってて400gとかなんとか。
 出産と併せて800g位出血してる計算とか)
一通り血を出したところで、Sさん
「そんな訳で旦那さん!
 ちょっと時間かかりそうなので外で待ってて
 もらえます?!」

「は、は~い(>▽<;; アセアセ」

その後院長登場。
なんか・・・寝癖ついてるし、さっきとはシャツの柄が
違うような気がするんだけど(^o^A。経過を聞いて
「ちょっとこれ・・・」
「え?あぁ」
何やらSさんが院長のお腹のあたりでもにょもにょ。
なかなか終わらない、何してるんだろう?

すると脇から見てたOさん
「(*≧m≦*)ププッ何やってるのよ~」
「だって人のベルトって締めた事無くって~」

院長ベルト締めないでいらしたんですか。仮眠中だったの?
なんだか緊迫の雰囲気がぶち壊し(*≧m≦*)ププッ

ベルトも締まって(笑)
何やら点滴をされ、院長が無言で下から片方の手を入れて
何かをし、もう片方の手でお腹を上から押して。
この「上から押す」のが大変らしくて、途中で台に
乗ったSさんが押す係りを交代。
二人がかりでぐりぐりぎゅっぎゅ~とされて、見た目には
凄~く力任せっぽいんだけど
「痛い?」
と聞かれても、正直痛くな~い(^o^A

この間沙月は。。。なんだかぼーーっとしてきて、
もしかして今目を閉じたら二度と開かないのか?
と不安になったり。
状況としては、ベビーの写真を撮ったPHSを握り締め
(撮った写真を実母にメールで送ろう!と文章を
 書いている時に来た助産師さんチェックで、
 こんな事態になったもんで)
左側に置かれていて、なぜか沙月がぐりぐりされるのに
合わせて泣くベビーを呆然と見つつ
「明日、HIYOが実母とお見舞いに来てくれるんだよな。
 絶対会いたい!私はHIYOの成長を今後も見たいんだ!
 死にたくない!!!

と真剣に何度も何度も心の中で祈ってました。

処置中に来客があり(時間外なので、ナースコールが鳴るので)
Oさんが出て行きがてら
「沙月さんのご両親来みたい」
義親だ(>▽<;; アセアセ
沙月縫合中にラッコが出産した事を両実家に電話したら
義親は喜んだ上に「すぐ行く!」
実親は今日は弟S(運転手)がいるにも関わらず
預かってるHIYOの事も考えてだろうけど
「どうせ、明日行くから今日はいかないわ」と言ったとか。
あげく、早生まれ嫌いの実母はおめでとうもそこそこに
「先生になんとか頼んでみたら(出産日の改ざん?)」
と繰り返しラッコに言ったらしく、かなりラッコが
怒ってたっけ・・・ε-(ーдー)ハァ

義親が今来たのか~なんかタイミング悪い?
でも多分こーゆー事に無茶苦茶弱いラッコを
一人で置いておくのも心配だったから
来てくれて助かったかも!
とこの日ばかりは心底義親に感謝(人-)
(ラッコも後に「一人で陣痛室で本当にどうしようかと
 思ってた。親の顔を見てほっとした」
と言っていた)

逆に、この緊急事態にいない実親に無性に腹が立ったり。
今回適切な処置で無事、こと無きをえたけどさ、
万が一の事態になってたら沙月死ぬ前に会えたのが
ラッコと義両親とベビーだったんだよ!?
実親は?HIYOは?・・・( ̄  ̄;) うーん 
沙月も結構「後でいいや」とか「行っても迷惑かも」とか
考えるタイプなんだけど、やっぱり何かあったら駆けつける
って事は大事なんだなぁと考えさせられました。

それはさて置き(笑)

トータル30分ほど二人がかりで処置(?)されて、
落ち着いたらしくて、様子見に。
ラッコが呼ばれて一緒に説明を受ける。
「普通は産後、子宮が自然に収縮する事で出血が止まるのに
 収縮してなくて出血が止まってなかった。
 今、子宮を収縮する薬を点滴でガンガン入れていて、
 30分位お腹の上から押す形で収縮を促したので
 多分これで大丈夫だろう。
 ただ、今までの出血が多いので、万が一の事を考えて
 輸血を取り寄せておくから。珍しい血液だからね~」
「はい、お願いします」
「でも、出来れば輸血はしたくないんだよね」

と、とうとうとリスクの話をされ、
リスクを承知の上輸血OKという同意書に万が一を考えて
サインをさせられる。

ひと段落したということで、分娩室に義両親入場。
まだいた院長に再度軽く沙月の状態を説明をされ
輸血の話をされたりして。
「まぁ。そんな物持ってるぐらいだから大丈夫でしょう」
沙月の手のPHSの事らしい。
そっか病室でOKだからって先生の前で堂々と持ってる人も
珍しい?!。PHSは医療機器に問題ないとは言っても、
見た目でPHSか携帯か分かんないしね(>▽<;; アセアセ

そして無事、義両親とベビーがご対面~♪



30分後のチェックの時に義親は帰って行き、
「一応落ち着いてるけど・・・
 更に30分後にチェックしましょう」

ということで、ラッコは念のため待機。
沙月の状態やらHIYOの状態やら、弟Sとメールし
合ったりしてその話をして過ごす。
更に30分後のチェックで無事OKが出て、車椅子で病室へ
運ばれ、ラッコも帰宅(というか沙月実家にHIYOと実母を
迎えに行った)。

夕飯を温めなおして出してもらって食べ、
点滴は朝まで続くそうで、微妙に痛む右腕に困りつつ
(子宮収縮剤なので、血管も収縮して多少痛みが
 あるんだって~)
朝5時半起きで出産して・・・疲労はピークなのに
興奮してか全く寝付けず、2時近くまで起きてた
沙月なのでした(笑)

←本当に良かった!という方ぽちっとな
スポンサーサイト

theme : 二人目妊娠・出産
genre : 育児

comment

Secret

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

沙月

  • Author:沙月
  • 千葉県在住の30代後半適当主婦&マイペースママ。
     B型、ペガサス、火星人。
     雑貨&小物&癒しグッヅ好きだけど、のんびり買い物なんて・・・
     
    ラッコ(旦那) 30代後半
     O型、さる、金星人 

    HIYO(長女)
     O型、さる、天王星人
     05年3月この面白夫婦に生まれてしまった、オテンコ娘
       
    MARU(長男)
     O型、たぬき、水星人
     07年4月ママの願いも空しく、究極の早生まれの日に生まれてきたチャレンジャーな息子

    お友達募集中!初カキコ大歓迎
    遡った日付の日記を書いている事がおおいです。遡ってのコメントも大歓迎!

    意味不明のコメント、トラバは沙月の一存で削除させていただく事もあります。ご了承ください。
いくつになったの?



色々な・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近の記事
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。